胡蝶蘭の引き取り・回収・処分方法について

胡蝶蘭は開店祝いなどによくお店に飾られている花です。

胡蝶蘭は強く美しいイメージのある花でこれからのお店の発展を応援してくれるような明るい印象をもたらしてくれる花です。

しかし胡蝶蘭は開店祝いが終わってからどうなってしまうのか知っている人は少ないと思います。そこで胡蝶蘭の処分方法について説明していきたいと思います。

まず胡蝶蘭は時期が終わり飾らなくなってしまったら捨てるという選択肢も一つの方法としてないわけではありません。しかし高価な花ですし捨てるにはもったいない、申し訳ないという人が多いのが実情です。そこでなかには記念として知り合いや友人にあげたり自分の家やお店に飾っておいたりする人もいます。しかし1個2個の胡蝶蘭ならまだしもそれ以上の胡蝶蘭となるとかなりのスペースも取りますし、手入れも大変になってしまいます。お客様がきた時にもびっくりされてしまうかもしれません。

その結果手入れができずに捨ててしまったり、邪魔になって捨ててしまうということになりかねません。しかし自分で捨てるとなるとこれまた大変な作業が待っています。まず胡蝶蘭を花、土、鉢に分解しなくてはなりません。

このような作業も手間がかかりとても大変です。
そこで、そういった人たちのために胡蝶蘭を引き取って回収してくれる業者があります。東京都内を中心に胡蝶蘭を引き取って回収してくれる業者は調べてみるとわかりますが、たくさんあります。

申し込み方法としては主にインターネットからになります。インターネットから必要事項を記入して送信するとその業者からメールが届きます。そこに書かれている通りに胡蝶蘭を送付したり、取りに来てもらうことになります。

中には個人宅への胡蝶蘭の引き取り回収は行わずにお店や商業施設、企業に限定している業者もたくさんあるので、その点は注意したいです。

ほとんどの業者は主張費という名目でお金を請求してきます。マンションですと階層ごとに料金が異なる場合もありますので注意が必要です。

県外となると主な取引方法は郵送になります。その際には宅配料はその業者が負担する場合もありますが、胡蝶蘭の引き取りをお願いする方が負担するという場合もあります。胡蝶蘭の送料は結構高いので送料がどのくらいなのか、どちらが負担するのかは確認しておくべきです。胡蝶蘭以外にもアレンジされた花の鉢やスタンド式の花、観葉植物なども引き取り可能なお店もあります。

もしそういったものも一緒にお祝いの時にもらっていて、処分に困っている場合は相談することをお勧めします。胡蝶蘭を引き取り回収してくれる業者はたくさんあるため自分の条件と照らし合わせてみて合致する業者を探すと良いです。基本的な料金としてはまず胡蝶蘭の引き取り回収代金は1200円から1500円くらいが相場になっています。

そこにプラスされるのが業者に取りにきてもらう時の出張費や自分で業者に送るための郵送代です。この出張費や郵送代が高くなります。そして次に調べる点は自分の住んでいる地域は出張買取や輸送買取をしてもらえるかということです。出張買取の場合は東京近隣の県にしかきてくれないことが多いです。業者としてもそれ以上遠くなるとガソリン代がかかってしまい元が取れないからだと思います。ですから東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県あたりまでが出張買取の範囲内と考えた方が良いです。

それ以外の地域ですと郵送での引き取り回収をしてくれるのかを調べた方が早いです。引き取り代プラス出張費や送料で金額を出してくれる業者がほとんどですが、なかには引き取り回収ひと出張費用も一律で計算してくれる業者もあります。そういう場合は一律で計算してくれる業者の方が安く胡蝶蘭を引き取り回収してもらえることが多いです。本当にその業者によって料金設定が違うので一つ一つの胡蝶蘭引き取り回収業者のサイトを見て、料金を計算して一番手頃な値段で胡蝶蘭を引き取り回収してくれる業者を見つけるしかありません。何回か利用するような人向けに会員サービスを実施している業者もあります。

会員に登録すると依頼するごとにポイントが貯まっていき、ポイントを現金として利用することができるサービスです。胡蝶蘭の引き取り回収業者はこのように指定顧客取り込みにも力を入れています。どの引き取り回収業者も見積もりは無料で行ってくれるところが多いので見積もりだけでも頼んでみるというのも一つの手段です。胡蝶蘭はもらう分には非常に嬉しいですし、高価なものなので貴重なものでもあります。

開店祝い 居酒屋

しかしいざ使い終わってからはこのように様々な処分方法を自分で考えなければなりません。この作業は手間がかかり大変ではあります。しかし送ってくれた人の気持ちを考えるとやはり捨てるという選択をするよりも引き取り回収してもらう方が気持ち的でも清々しいと思います。もらった側もこれからのお店の発展を願い最後まで責任を全うしたいものです。